Btn open menu

Our People

人を知る

インタビュー

当社でフルタイムのRuby コミッターを務める卜部昌平がインタビューする企画、
マネーフォワードエンジニアインタビュー。
当社のエンジニアブログに
ノーカットバージョンも掲載してありますので、
よろしければそちらもご覧ください。

Webサービスは「先」を考えるところに コストを割く
UIテクノロジー部 フロントエンドエンジニア
平山 光太郎

サービスが長く生きるためのコード、みたいなことを考える

――

社内でのフロントエンドエンジニアというのが、どこまでがフロントエンドなのかというのがよく分からないんですが。Ruby on RailsのWebアプリケーションのソースコードと同じレポジトリにコミットしているんですか?

平山

SPA(Single Page Application)としてJavaScript部分を切り出している機能があるんですが、それ以外はそうですね。

――

それってWeb制作会社での開発と勝手が違ったりするんですか?

平山

だいぶ違いますね。

――

開発の流れが違うという感じですか、Railsが特殊で違うという感じですか?

平山

あー、両方違いますね。後者のRailsのところが大きくて、前者の流れも変わる感じです。
前職のWeb制作会社では、フロントエンドエンジニアというと見た目を作るみたいなイメージがものすごく大きくて。CSS書いて、見た目を整えて、みたいな。事業会社でサービスを提供していると、Webサービスとして価値を提供しないといけなくなるので、必然的に機能面を支えるJavaScriptのサイズ感が増えてきますね。そうするとJavaScriptの保守性を意識しだして、書き方も変わってきますね。そこら辺が大きく違います。

――

動的に組み合わせることを考えないといけない、とうのが意識の違いなんですかね。

平山

そうですね。全部スタティックなサイトだと、CSSで見た目を整える作業をしているときにもリロードのコストが小さいのでバンバンリロードして確かめる事ができたんですが、動的なサイトだとリロードのコストが大きいので、ツールで上手いことやりくりして、みたいな工夫をしたりという点も違いますね。

――

なるほど。僕はあまりフロントエンド詳しくないので、適当なことを言っていたら申し訳ないんですが、何年か前からパララックスなサイトとか流行りじゃないですか。そういう風な動きのあるサイトと作っているのとも違う感じですか。

平山

だいぶ毛色は近くなるイメージはあるんですけど、それでもやっぱりああいうのは表現だけなんでAjaxとか通信周りを意識しないで良いのは大きな違いですね。Ajaxなどの非同期な処理が入ってくるかどうかで、作り方がだいぶ変わってくる印象がありますね。

――

Ajaxとかそういうところは確かに、Webサーバがないと成立しないですもんねえ。
それまでWeb制作をやっていた時は、1回制作して納品して、サヨウナラ〜みたいな感じと思うんですけど、うちの会社にきてからはずっと同じサイトを作っている訳ですが、そこって何か違いありますか。

平山

そうですね、僕はどっちも好きで。Webサービスになると、保守運用というか長く生きるためのコードみたいなことを考えることになるので、よりエンジニアぽいところを意識してモノづくりをするようになりました。一方、プロモーションだと作りきりなので、要件を満たして動けば良いみたいなところが強いのでテストとかもほぼ存在しないし、納品すれば手離れするんで。
どこにコストをかけられるかという点で言うと、プロモーションとかだと1回きりなのでとにかく「今」スゴく作りこむにコストをと割けば良いんですが、Webサービスだと「先」を考えるところにコストを割くイメージです。

――

フロントエンドって、色々なフレームワークだったり結構流行とかもあるじゃないですか。1つのWebサービスを、どういう風にしておくと長く続けられるというのを考えながら作っていくというのは結構大変ですか?

平山

それ自体が大変というより、これって乗っかって良い波なんだっけみたいなのをずっと見続けないと行けないのが大変ですね。

――

その辺、どうやってキャッチアップしているんですか。

平山

いま、JavaScriptが強い企業みたいなのはあまりなくて、いろんな会社にいるJavaScriptの界のオピニオンリーダーみたいな方々をTwitterやはてブでウォッチする感じですね。

Image1

正論を言って、正論で戦える組織で働きたい

――

どんな組織で働きたいですか?

平山

正論を言って正論で戦える組織かな。当たり前だけど、実際にそうするのは難しいと思って、正論を正論として主張できるってすごい大事だと思っていて。そういう組織で働きたいと思ってます。

――

今大体達成できている?

平山

組織の人数が増えてきて、色んな正論が生まれているってのあると思いますが、みな正論を言えているところはあると思います。そこがまとまりきれていないところはあるかもしれませんが、まあコミュニティとしては正しい方向かなと思ってます。

――

ある程度風通しが良くないとね。言えてるってのはいい話ですね。

平山

そういう意味では、そういう声が聞こえますし、聞くための仕組みもあったりするので。どういう形でも上にはちゃんと話が流れていく感じしますね。

――

そういう意味で言うと、今いるチームの話を聞いていませんでしたが、どういった形で働いているんですか。

平山

フロントエンドエンジニアチームとしては5人で動いてます。各プロダクト専属という人はいなくて、プロジェクトごとにチーム組んでいるイメージです。UI寄りの人とJavaScript寄りの人が何となく分かれてきているのかなーというフェーズですね。とはいえ、5人なので マネージメントコストとかを考えるとあえてはチームとしては分けていない感じです。

Image2

インタービューノーカット版を読む

Interview

他のインタビューを読む

  • 谷口 徹

    ユーザーとの距離感は、
    BtoCよりBtoBの方が近い

    谷口 徹

    MFクラウド会計プロダクトオーナー
    エンジニア

  • 鈴木 信太郎

    モノポリーから始まった
    エンジニアへの道

    鈴木 信太郎

    PFMサービス開発部
    エンジニア

  • 鈴木 研吾

    崖から落とさないための
    ディフェンス役

    鈴木 研吾

    CISOグループ
    セキュリティエンジニア

  • 平山 光太郎

    Webサービスは「先」を考えるところに
    コストを割く

    平山 光太郎

    UIテクノロジー部
    フロントエンドエンジニア