Btn open menu

Our People

人を知る

インタビュー

当社でフルタイムのRuby コミッターを務める卜部昌平がインタビューする企画、
マネーフォワードエンジニアインタビュー。
当社のエンジニアブログに
ノーカットバージョンも掲載してありますので、
よろしければそちらもご覧ください。

ユーザーとの距離感は、 B to C より B to B の方が近い
MFクラウド会計プロダクトオーナー エンジニア
谷口 徹

ユーザーに寄り添って開発したい人こそ、BtoBは合っている

――

マネーフォワードはB to C サービスである「自動家計簿ソフトのマネーフォワード」だけではなく、B to B サービスである「MF クラウドシリーズ」も展開していますよね。マネーフォワードに興味持ってくれる人は、ユーザーの顔が見える。使っているを想像が出来るサービスをやりたいという人が多いんですよ。そういう思考で行くと、B to C サービスに興味が向きがちな傾向があると思っています。B to B サービスの方が、実際のお客さんと出会う機会が多かったりしませんか?

谷口

ありますね。ユーザーとの距離感みたいなのは、BtoC よりBtoB のほうが本来そもそも近いんですよ。研修としてバーチャル経理部で自身も業務を体験するわけですから、想像もしやすいです。B 向けでも体験出来るサービスと言えます。
ユーザーの行動がBtoB だと理解し難いんじゃないかていうイメージは絶対あると思うんですよね。なんなら、直営業しているので、ユーザーさんに会う機会は圧倒的にB to B の方が当然多いです。むしろ、ユーザーに寄り添って開発したいみたいなモチベーションの人こそ、モチベーションに沿ってモノづくり出来るというのは良く思いますね。

――

自分が使わないから、どんなことやっているか想像がつかないという考えだったり、お客さんがどんな想いでビジネスをやっているか分からないとか。

谷口

B to B アレルギーみたいなの、お客さんの要望でカスタマイズさせられそうってのがあるかもしれないですね。クラウドだからむしろカスタマイズしにくいから、そこは断るチャンスは大きいですよってのは伝えたい。

――

下請けっぽく思われるんですかね。B to B ていうとなんか受託とかSIer とかそういうのをやっぱり想像しちゃうから、そういう想像からB to B は嫌で B to C やりたいですというお話が出がちな気がしてます。

谷口

お客さんと距離が近いから確かにB to C に比べたら圧は強いですけどね(笑)お客さん一人一人の。かつ金額も大きいので。どれくらいの温度で受け止めるかみたいなのはB to C では経験しないものですね。そこのプレッシャーが強いというのは間違いなくある。それはそこを覚悟した上で取り組める人のほうが良いってのはありますね。

――

B to C 向けのサービスって、答えのないものを作らないといけない気がしてて、B to B 向けの方は法的な制度があったりだとかこういう書類つくらないといけないとか、答えは見えていて、それをどう効率化するかじゃないですか。その辺の違いはどうですか。

谷口

それはたまに考えますが、仰るとおりです。バックオフィスでかつ制度によって決められているもの、給与とか会計とか特にそうなんですけど答えが決まっているので、ユーザーを最短でそこに送り届ける方法は何かに注力すればいいので、ある意味やりやすいんですね。
一方でB to C の方ってユーザーをどこに辿り着かせればいいかっていう定義が非常に難しいので、制度によってココに行けばいいって決まっているわけではないですし、ユーザーの幸福を最大化するみたいなところにゴールを置くと、具体的にどうすればいいか中々難しいですよね。B to C の方がより難易度の高い課題に向き合えてすごい楽しそうだなと思うことは結構多いですね。
ただ、制度の中での戦いの先の領域に入ってくると全然違った景色があると思います。MF クラウドシリーズは今はバックオフィスの効率化をやっていますが、やりたいことってB to C と結構近くて、中小企業の業績を最大化、及びその従業員の幸福を最大化することなんです。そう考えると、答えに向かって効率化を進めているだけではなく、B to C と同じような抽象的な課題に向きあう日も来ます。

――

なるほど。

谷口

もうちょっと先のステージに進むとB to C と同じ難易度の高い悩みを解決するってことにコミットできるから、楽しそうだなって今からワクワクしています。請求書とか経費とかは制度とかとは違う世界なので、B to B 向けのMF クラウドシリーズの中でも現状でもそういう難しさが内包されてますね。

Image1

徒歩三分以内に住むのがポリシー

――

普段マネーフォワードの人がどういうふうに働いているかめっちゃ気になると思うんですよ。谷口さんはどうやって働いてますか?
谷口さんの徒歩3分の家しか住まないとか、社員でも知らない人も増えてますよね。

谷口

あーそうですね、エンジニアの人はスゴく共感してくれる方が多いと思うんですが「これは僕の人生にとって必要なことなのか」と考えた時にそうじゃないと思ったことはスゴい苦痛です。僕はその中でも特に通勤ていうのが、僕の人生に何のメリットもない気がしていて、そこを排除したいというがあります。学生時代からずっとそうですね。電車に乗らなくて行けるところ、電車に乗らないと行けないんだったらその近くに引っ越すっていうのをひたすら繰り返しています。会社も移転する度に僕も引っ越して付いて行くみたいなことを前の会社の頃からやっています。

――

雨の日とか面倒ですよね。じゃあ会社の近くに住んでいるから日々出勤するという。とくに在宅勤務とかもせず。

谷口

在宅勤務は特にしないですね。会社から離れて頭整理したいとか、いうときは家でやることはありますけど。9割方会社で仕事はしますね。確かに環境変えることによって頭の動き変わるなってのは感覚としてあるんですよ。僕もフリーアドレスで色んな席で仕事したりするんですけど、あれがその行動で。それみたいに、会社の時、通勤中、自宅の時とか平日と土日でも違うかもしれないし。色んなパターンを持つっていうのは重要だなとは思います。ただ僕は通勤のストレスが結構つらい。

――

休みの日とかは?そもそも休みの日はあるのかっていう(笑)

谷口

全然ありますよ。基本的に遊びに誘われたら断らないようにしているので、全部行きますって応えてます。土日とかは、最近だとバーベキュー行ったり、今度京都に旅行に行ったりします。
案外僕ちゃんと睡眠時間取ってるし、普通に自由時間もあるんですよ。休日はスポーツセンターで走ったりしてます。仕事一杯するために健康維持に結構気を使っています。体壊すような働き方をするつもりはまったくないので。

――

最後に、こう読んでいるエンジニアに向けて何か。こんな君を待っているみたいな。

谷口

うちってFintechの文脈で有名な会社だったりしますけど、中でやっていることは一般的な事をただただレベル高くコード書いていくだったりするので、まあそこはあんまり身構えずにフラットにうちを見てもらいたいみたいなメンタルブロックを外したいってのはありますね。あとはユーザーにフォーカスしているってみんなよく言うけどウチはその中でも相当強くユーザーにフォーカスしていると僕は信じているので、ユーザーと同じ目線に立って、ユーザーにとってどういう価値が必要でっていうのを短期的な目線だけじゃなくて長期的な目線だとどうかっていうのまで考えてモノづくりをするってことに共鳴できるような人と一緒に働きたいと思っています。

Image2

インタービューノーカット版を読む

Interview

他のインタビューを読む

  • 谷口 徹

    ユーザーとの距離感は、
    BtoCよりBtoBの方が近い

    谷口 徹

    MFクラウド会計プロダクトオーナー
    エンジニア

  • 鈴木 信太郎

    モノポリーから始まった
    エンジニアへの道

    鈴木 信太郎

    PFMサービス開発部
    エンジニア

  • 鈴木 研吾

    崖から落とさないための
    ディフェンス役

    鈴木 研吾

    CISOグループ
    セキュリティエンジニア

  • 金子 雄一郎

    経理から、会計の未来をつくるエンジニアへ

    金子 雄一郎

    MFクラウドサービス開発本部
    エンジニア